乳がん検診の内容とは

乳がん検診の内容とは

乳がん検診の内容は①問診・視触診②マンモグラフィ検診③超音波検診(エコー)があり、主にこの検査や診断を組み合わせて、乳癌であるのか、癌であった場合には悪性か良性かの診断を確実につける為に行います。
しかし、確実に全てを受けなければならないわけではないので、それぞれの長所と短所を理解し、自分に適した乳がん検診はどれかを考えていくことです。
①問診・触診では、しこりがあるかを確認するもので、多くの検診で実地されていますが、早期発見が難しく、ある程度の大きさがなければ判断が遅れやすいという短所もあります。
②マンモグラフィ検診では、広範囲の読影が可能で、微細な石灰化の段階の腫瘍の発見に役立ちますが、若い女性は乳腺が多い為、癌との区別が難しいことから、若い女性には向きません。
そして、人によっては痛みがあり、微量ではありますが、被爆の問題もあります。
③超音波検診(エコー)では、触診だけでは判断しづらいしこりの発見が可能となりますし、痛みもありません。診断する医師の技術が必要とされ、微細な石灰化は発見しづらいのが欠点なので、比較的リスクの低い若い女性向きと言えます。

乳がん検診の検査項目

乳がん検診の検査項目としては、一般には触診、マンモグラフィー検査、エコー検査といったものが知られており、さらに細密に検査したいという場合には、細胞診などが用いられることもあります。触診は、医師が手で触って異常の有無を確認するもので、乳がんのおそれがあるしこりを発見することができますが、ある程度大きなものでないと見逃しやすいという欠点もあります。マンモグラフィー検査は、放射線によって画像を撮影し、その画像をもとにして診断をするもので、微細な石灰化の段階でも発見が可能といった長所がある反面、若い女性の乳腺を石灰化と取り違えやすいという欠点もあります。エコー検査は、超音波によって体内の映像を映し出すもので、触診で漏れたしこりなどもチェックできますが、マンモグラフィーほどには精度は大きくありません。細胞診は、しこりに注射針を刺すなどして細胞を吸引し、顕微鏡で観察するというもので、一般的な乳がん検診で再検査とされた人のみ対象とする場合がほとんどです。