乳がん検診の豆知識

乳がん検診の豆知識

乳がん検診が行われていますが、豆知識があります。実は乳がん検診は自分でも行うことができます。自分で検診してみて気になったらすぐに病院に行くようにするとお勧めです。
まず月に一回自分でチェックします。生理の後4日から5日くらいに行うのがいいです。毎月続けることで自分の乳房の変化に気付くことができます。
まず鏡の前で乳房の形をチェックします。形や大きさに変化がないか、皮膚がへこんでいる部分があるかなど気になるところがないか確かめます。次に両腕をあげてみて、同じように調べます。その後はあおむけになって頭の下に片手を入れ、もう一方の手で、上げた手の方の乳房を確かめます。指を滑らすようにして触ってみて、しこりのようなものがないかどうかを調べます。あとは脇の下も同じようにしこりがないか確かめます。最後に乳頭を軽くつまんでみます。分泌物がないかどうかを調べます。もしあった場合はどんな状態なのかや色を確認します。
自分で気になったところは病院でさらに詳しくみてもらうといいです。

意外と知られていない乳がん検診のあれこれ

乳がん検診をすることができる施設の情報は各自治体の健診状況を確認することができる自治体ホームページで検索することができます。
乳がん検診では、X線フィルムを入れた台と透明なプラスチックの板で挟んで、乳房を平にして撮影するマンモグラフィ検査と視触診が用いられます。
マンモグラフィ検査は圧迫をすることにより、内部の様子を鮮明に映し出すことができることと、放射線被ばく線量を少なくすることができます。マンモグラフィ検査によって、視触診ではわからない早期がんの発見をすることができます。乳がんを早期で発見することができ、乳房温存手術を受けることができる可能性が高くなります。
視触診は、マンモグラフィ検査では乳腺組織の発達した閉経前の女性の場合には小さな影が見えにくくなる場合があるので、医師による視触診を併用して行うことでより正確に検査をすることができます。
2年に一回の受診をすることが大切です。受診後に新たにしこりなどの症状がある場合には、早目に乳房疾患の診療を受診することがお勧めです。