乳がん検診の検査結果でわかること

乳がん検診の検査結果でわかること

乳がん検診とひとくちに言っても、その方法にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。まず、どのような乳がん検診でも一般的に行われる問診や視触診とよばれるものですが、これは専門の医師が体の異常などを受診者から聞き出したり、直接触れて確認するなどの方法です。その結果からは、乳がんと疑われるようなしこりがあるかどうかが確認できますが、ある程度の大きさのあるしこりでなければ見つからない可能性もあります。マンモグラフィ検診は、放射線を当てて外から組織内部をチェックするもので、撮影された画像を判読した結果からは、かなり微細なレベルの石灰化の腫瘍を発見することができます。もっとも、乳腺が発達した若い女性では、画像の診断がしにくく、誤診となりやすいという欠点もあります。エコー検査は、超音波を当てて外からチェックするもので、微細なものには向きませんが、手で触れて確認できないような大きさのしこりであっても判断することが可能です。

診断結果が怖い??乳がん検診でわかること

乳がん検診を受けたいと思っている女性は多いですが、結果を知るのが怖いと思って避けがちになっている女性も多いのが事実です。しかし乳がん検診は乳がん等の病気を早期発見する為に非常に有効的な手段でありますので、毎回定期的に受けていくのが大切です。
乳がん検診ではどんなことが分かるのでしょうか。まず乳がんの有無が分かるのはもちろんですが、その他にも嚢胞と呼ばれる女性には比較的多いものの有無も分かります。嚢胞と乳がんの区別がつきにくい場合もあり、その場合に自分はもしかして乳がんなどではないかと怖くなってしまうので、毎回検診を受けるのを躊躇ってしまう人も多く見受けられるのです。しかしどんな病気であれ早期発見早期治療した方がその後の予後が良いものになるのは間違いありませんので、勇気を出して検診を受けてみることが必要です。会社等で受けることが出きる人はいいですが、そのような機会のない人の場合は自分から申し込む等によって検診を受けていきましょう。