横浜市・青森県の乳がん検診事情

横浜市の乳がん検診事情

女性特有の病気として、いま乳がんが増えていますが、乳がん検診を行うことで早期発見につながり、結果として治療がしやすくなるということもあります。
定期的に検診をすることが望ましいのですが横浜市でも、職場などで定期検診を行っていない方で、40歳以上の方は無料で乳がん検診を受けることができます。
2年に一度の検診となりますが、まだ受けたことがない方は、ぜひ検診を受ける事をおすすめします。
横浜市での乳がん検診は、視触診とマンモグラフィを両方受けることができます。
また、検診の結果についてはは、最初に視触診を受診した医療機関で後日、説明をしてもらうことができます。
そこでの結果を踏まえて、何もないようでしたらまた2年後に、治療の必要があれば治療をということになります。
自覚症状が出てからですと、治療がおくれてしまうことになりますので、まだ自覚症状が出る前から、定期的に検診を行うということがとても重要なのです。

青森の乳がん検診事情

乳がん検診を青森で受ける場合には40歳以上の女性である必要があり、問診や触診などの他にもマンモグラフィによる詳しい検査を受けることができるので、早期発見が容易になっています。乳がん検診に関してはマンモグラフィ検査に苦痛を感じる女性が多いのですが、この検査をすることによって、癌になる前の細胞を見つけることができるので、乳がんになるリスクを大幅に下げることができます。また乳がんは遺伝性の癌であると考えられているので、母親や祖母が乳がんになった経験がある場合には必ずマンモグラフィによる精密検査を受けなければリスクが上がってしまいます。乳がん検診を受けることのメリットとしては将来的な癌のリスクを下げることや、日常的な不安を取り除くことができるので、2年に1回程度の定期健診を受診するだけで身体的にも精神的にも健康に過ごすことができます。また健康診断は将来的な保険料の削減などにも効果があるので国でも積極的に取り組んでいます。