気になるしこりや痛み・・・乳がん検診で解決

気になるしこりや痛み・・・乳がん検診で解決

乳がんはがん細胞1つから発生して増殖し、徐々に腫瘍を形成していくことになるのですが、最初は目に見えない程小さいため、その時点で気づくことは難しいでしょう。そして、時間と共に確実に増大していくため、大きさによってがんかどうかの判断ができるというわけではありません。触診ではしこりの存在を確認するだけなので、がんかどうかの判断には超音波が最も有効です。しこりを自覚した場合は大きさや硬さに関わらず、信頼のおける病院で乳がん検診を受けると良いでしょう。ちなみに、痛みを伴う乳がんはほとんどありません。胸に痛みを感じる場合は乳腺症や乳腺炎であることが多く、乳腺症は病気ではないのですが、乳腺炎は炎症性疾患なので治療を受ける必要があります。また、抗生剤内服や切開排膿などの治療が必要となる場合もあるので早めに医師に相談しましょう。つまり、しこりは小さくても乳がん検診の受診が必要であり、片方で単孔性の乳頭分泌などがある場合も受診するのがオススメです。

乳がん検診で早期発見できる病気

最近、食生活の欧米化や様々なストレスなどが原因で、がんになる人が増加しています。

特に、女性特有のがんの1つ、乳がんになる人が増えています。そこで最近では、ピンクリボンの活動などで乳がん検診をして、乳がんを早期発見い、早く治そうというキャンペーンが盛んにいわれています。

乳がん検診は30代になったら受診したいものです。月1回、乳房の自己検診で乳がんを自分で見つけられる可能性もありますが、やはりきちんと乳がん検診を年に1度は取り入れて、自分の乳房の状態を知っておくことはとても重要です。

乳がん検診はエコー検診とマンモグラフィーで検査をします。

乳腺がまだ発達している若いうちは、エコー検診のほうが乳房の状態がよく分かります。ゼリーを塗って、エコーで診るのですが痛くもないし、ちょっしたのう胞などを見つけることもできます。

40代になったらマンモグラフィーを必要に応じてとり、まだ乳がんになっていない石灰化の状態のがんを見つけることもできます。

早期発見、早期治療で健康に暮らしたいものです。