知りたい!乳がん検診の費用のあれこれ

知りたい!乳がん検診の費用のあれこれ

乳がんは早期発見が何よりも大切です。
そのためには乳がん検診を定期的に受けることが重要なのですが、どんな検査内容なのか、費用はどのくらいなのか疑問に思っている人も多いようです。検査内容としてはマンモグラフィ、エコーなどがありどの検査を受けたかによって費用は違ってきますし、自治体で受けたか個人で受けたかによってもまた異なるものです。
乳がん検診は自治体で実施される検診を受けるという人が多いのですが、これは自治体で一部負担してくれるので自己負担が少なく済むからのようです。自治体の場合、マンモグラフィは40歳以上でないと負担してくれないため40歳未満は全額自己負担ということになるようです。
自治体で40歳以上の人が乳がん検診を受ける場合の自己負担は、その自治体によって差がありますが0~3000円前後となります。全額自己負担ということになれば、マンモグラフィで5000円前後、エコーで3500円前後、それプラス診察料で合計10000円前後になるようです。
いずれにせよ、自治体や検診を行う病院によってどのくらいの金額になるかは異なりますから、事前に確認することが必要でしょう。

費用から考える乳がん検診と検査内容

日本国内において乳がんを発症する女性が増えています。先進国の中で乳がんが増えているのは日本だけだと言われており、注意が喚起されています。原因として考えられるのは、欧米型の食生活になってきているということや女性の喫煙者が増加しているということがあげられています。若くして乳がんを発症すると進行が非常に早く、死亡してしまうケースも少なくないので、食生活を見直すとともに、タバコやアルコールを控え、適度な運動を心がけるなどが大切です。

また、20才を過ぎたら乳がん検診を行うことをおすすめします。会社などで義務付けられている健康診断では、乳がん検診はオプションになっていますが、子宮がん健診と合わせて必須と考えると良いでしょう。費用の相場は10000万円弱です。その内訳は、マンモグラフィーによる検診が5000円程度、超音波による検診が3500円前後となっています。会社務めであれば、通常健康保険が負担してくれます。また、専業主婦の場合は、通常ご主人の健康保険が費用を負担してくれるので、費用の心配はないでしょう。

 

乳がん検査の病院を検索、予約するならマーソ(MRSO)で決まり!