どんな人が乳がん検診を受ける必要がある?

どんな人が乳がん検診を受ける必要がある?

癌というと若い人はあまり関係がないと思っている人もいるようですが、若くても癌は発症します。そして若い人が癌を発症すると高齢者よりも進行が早く、命に関わることも少なくありません。たとえば乳がんです。先進国において日本だけが乳がんが年々増加しています。欧米型の食生活に変化してきていることに問題があるのではないかとか、ストレスや不規則な生活習慣、喫煙率の増加など様々な原因が考えられていますが、いずれにしても乳がん検診の必要のある人というのは、20才以上のすべての女性と考えて良いでしょう。

乳がん検診では触診だけではなく、マンモグラフィーによる検査によってより正確な検査ができます。健康診断などではマンモグラフィーによる検査はオプション項目の一つとなっています。費用は1万円しませんので、選択することをおすすめします。また、乳房にしこりがあるような気がする場合も、マンモグラフィーによる乳がん検診を受ける必要があります。

乳がん検診は何歳から受けられる?

日本では25人に1人が乳がんになるというデーターがありますが、
乳がん検診を受けている人は20%と低いです。
痛そうなイメージや、羞恥心がありますが、検診を受けることはとても大切です。

乳がん検診は何歳から受けるといいのでしょうか。
40代から乳がんのリスクが高まると言われていますが、
20代から定期的に検診を受けることが早期発見につながります。
自分でも入浴後などに触ってみて、しこりや違和感がないかどうかを確かめることもできますが、
医師の触診やマンモグラフィー、超音波検査を併用することで早期発見に役立ちます。
マンモグラフィーは痛みを感じやすいですが、生理が終わったあとに検査をすれば、
痛みが減少するので、工夫するといいでしょう。

乳がんはがんの中でもきちんと治療をすれば治りやすい病気です。
異常に気が付き、早く治療をすることは、とても重要です。
1年に1回、自分の誕生月など、定期的に受診することが大切です。

乳がん検診を受ける際の注意点

乳がん検診を受ける際の注意点

女性がかかるがんの中で乳がんは最も多い病気になりました。年々患者数は増加傾向にあります。原因は食生活の欧米化といわれています。乳がんは乳腺に悪性腫瘍ができる病気です。初期の内は乳管に腫瘍が留まっている状態ですが、がん細胞が破壊をつづけると、血管やリンパ管を通じて全身へ転移してしまいます。つまり、乳がんは早期発見がとても重要になってきます。定期的に自己触診と、乳がん検診を受けることが大切です。乳がん検診の最も主要な検査方法はマンモグラフィーによるものです。「痛みを伴う」という評判もあって躊躇される人も多いですが、マンモグラフィーが乳房を圧迫する時間はほんの10秒~15秒程度です。がんをそのままにしてしまうことを考えれば、どちらの痛みを取るべきかは一目瞭然ですね。痛みにも個人差があって、感じない人もいるようです。食事制限などはありませんが、注意点として、制汗剤やパウダーは拭き取っておきましょう。石灰画像というがんによく似たデータが出ることがあります。

乳がん検診:こんな人は要注意!

乳がんは、今あらゆる年齢層で増加傾向にあり、若い人が罹患するケースも珍しくありません。「自分は大丈夫」と思わず、自己検診を通して常日頃から自分の乳房の状態を把握し、定期的に医療機関で乳がん検診を受けることが望まれます。
セルフチェックする中でこんな症状が見られたら要注意です。
・乳房やわきの下にグリグリしたしこりがある。
・乳房の皮膚が変色している、くぼみやひきつれがある。
・乳頭が陥没したりただれたりしている。
もちろんこういった症状が即乳がんであるとは断定できません。良性の疾患の場合でも似た症状を呈することがありますが、月経周期に関係なく症状が続く場合には医師に相談しましょう。乳がんは、その兆候を自分で感じることができる数少ないがんの一つです。そしてがん治療には早期発見がとても大切です。特に上記のような症状が見られなくても、市区町村の住民検診を利用するなどして、定期的に乳がん検診を受診しておきましょう。

乳がん検診施設は女医さんが安心

乳がん検診施設は女医さんが安心

最近、様々なところで声高に叫ばれている乳がん検診、早期に発見することが出来れば、女性の命ともいえる大切な乳房を失うこともなく、生存率もぐんと高くなることから、三十代になれば毎年検診を受けることが大切だといわれるようになっています。各自治体のほうでも、検査費用が安くなるクーポン券などとともに、検診の案内を送付しているようで、そういったお知らせをきっかけとして意識し始める女性も増えているようです。乳がん検診は、問診、触診、超音波検査、マンモグラフィー検査とありますが、問診以外は全て上半身裸で行わなければならず、医師が直接乳房に触れることも多いので、どうしても男性医師では抵抗があるという方も多いようです。最近は、婦人科、乳腺科ともに女医さんも増えているので、男性の医師では受けたくないと考えている人は、女医さんがいるクリニックを検索して見ることをおすすめします。役所のほうで問い合わせをして見ると、教えてくれることもあるようです。

乳がん検診施設の口コミランキング

乳がん検診は女性特有のがん検診の一つで、検診を受診しておくことで早期発見に役立てることが出来ます。
乳がんのガン細胞と言うのは、小さい状態から乳腺組織よりこぼれ落ち、これがリンパ、血液などの流れに乗って、乳腺よりも離れた場所となる肺や肝臓、骨と言った場所に転移巣をつくると言われており、乳がん検診を受診してガンの早期発見をする事は他のガンの予防にも繋がるとしています。

最近は、積極的に乳がん検診を受診する女性も増えていると言いますが、検診の費用や病院の良し悪しなどを比較しておく必要が有ります。
検診の費用については病院毎に異なるため、少しでも経済的な負担を減らすためにも比較が大切ですし、専門医がいる病院での検診を受診しておくことで、万が一、病巣が見つかった場合でも治療を受けることが出来ます。

尚、インターネットの中には費用や病院の口コミランキングが設けられているサイトが在りますので、このようなサイトを利用して乳がん検診を受信できる病院を選ぶのがお勧めです。

乳がん検診の豆知識

乳がん検診の豆知識

乳がん検診が行われていますが、豆知識があります。実は乳がん検診は自分でも行うことができます。自分で検診してみて気になったらすぐに病院に行くようにするとお勧めです。
まず月に一回自分でチェックします。生理の後4日から5日くらいに行うのがいいです。毎月続けることで自分の乳房の変化に気付くことができます。
まず鏡の前で乳房の形をチェックします。形や大きさに変化がないか、皮膚がへこんでいる部分があるかなど気になるところがないか確かめます。次に両腕をあげてみて、同じように調べます。その後はあおむけになって頭の下に片手を入れ、もう一方の手で、上げた手の方の乳房を確かめます。指を滑らすようにして触ってみて、しこりのようなものがないかどうかを調べます。あとは脇の下も同じようにしこりがないか確かめます。最後に乳頭を軽くつまんでみます。分泌物がないかどうかを調べます。もしあった場合はどんな状態なのかや色を確認します。
自分で気になったところは病院でさらに詳しくみてもらうといいです。

意外と知られていない乳がん検診のあれこれ

乳がん検診をすることができる施設の情報は各自治体の健診状況を確認することができる自治体ホームページで検索することができます。
乳がん検診では、X線フィルムを入れた台と透明なプラスチックの板で挟んで、乳房を平にして撮影するマンモグラフィ検査と視触診が用いられます。
マンモグラフィ検査は圧迫をすることにより、内部の様子を鮮明に映し出すことができることと、放射線被ばく線量を少なくすることができます。マンモグラフィ検査によって、視触診ではわからない早期がんの発見をすることができます。乳がんを早期で発見することができ、乳房温存手術を受けることができる可能性が高くなります。
視触診は、マンモグラフィ検査では乳腺組織の発達した閉経前の女性の場合には小さな影が見えにくくなる場合があるので、医師による視触診を併用して行うことでより正確に検査をすることができます。
2年に一回の受診をすることが大切です。受診後に新たにしこりなどの症状がある場合には、早目に乳房疾患の診療を受診することがお勧めです。